patorashのブログ

方向性はまだない

WindowsでChromeが遅かったのはWindows Update(1803)が原因だった

Windows10のChromeで、はてなブログがとてつもなく重くなって大体見られない件で私は数か月ほど疲弊していました。そのため、WindowsではEdgeを使っていました。別にEdgeも悪くはないのですが、Chromeのほうが拡張機能を色々入れていて使いやすいのでやっぱりそちらを使いたいなと思って原因を調べ始めたら、どうもWindows Updateが原因で起きる模様。

www.anchumosaku.net

詳細は上記のブログに譲るとして、 Cryptographic Servicesを停止すれば改善するそうです。試しにコルタナでserviceと打って、サービスウィンドウからCryptographic Servicesを停止してみました。

f:id:patorash:20190517224948p:plain
Cryptgraphic Servicesの停止を行う

停止した状態で、はてなブログChromeで開いてみたところ、あっという間に開きました。今までの「応答がありません」はなんだったのか…。

ちなみにCryptgraphic Servicesの再起動でも症状は改善するそうで、再度起動させても確かにChromeでブログが見られました。これでいいかなとも思ったのですが、やけにファンが回り始めるので、やっぱり無駄に負荷が上がっているみたいだし、症状がまた起きるのもストレスなので、上記のブログに書かれていたレジストリの編集を行いました。レジストリの編集は自己責任で!バックアップはちゃんと取ってからやりましょう。

上記の記事に従って、Chromeの停止、Cryptgraphic Servicesの停止を行ってから、レジストリエディタを起動して作業していました。ここで、躓きます。上記の記事では、以下のように書いてありました。

レジストリの左ウィンドウのエクスプローラに一覧が表示されますので、「コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\SystemCertificates\Root」へ移動します。 ここで、Rootの下にあるProtectedRootsだけは権限により編集できないため、アクセス許可の設定を変更する必要があります。 上の画像のように(上記のサイトでは画像がある)、ProtectedRoots上で右クリックすると「アクセス許可」の項目があるので、アクセス許可ウィンドウを開き、今ログインしているユーザに「フル コントロール」を与えます。

しかし、アクセス許可を与えようとすると、アクセス拒否されるのです😰 「ProtectedRoots」をキーワードにして検索したら、以下の記事が見つかりました。

twig-jp.blogspot.com

所有者を変えなければいけない模様。

f:id:patorash:20190517231214p:plain
RrotectedRootsのアクセス許可から、詳細設定をクリック

f:id:patorash:20190517231506p:plain
SYSTEMになっていたら、所有者の変更をクリックする。

f:id:patorash:20190517231855p:plain
自分のアカウント名orメアドを入力して、名前の確認をクリックする

f:id:patorash:20190517232154p:plain
アカウント名に下線が引かれて表示されたらOKをクリックする

f:id:patorash:20190518105014p:plain
「ProtectedRoots のセキュリティの詳細設定」に戻るので、[ 継承の有効化(I) ] をクリックする

f:id:patorash:20190518105420p:plain
Rootを削除する

そして、OSの再起動を行います。

再起動後、Chromeはてなブログにアクセスしたところ、全く問題なし!やっと普通にChromeを使うことができそうです!😊